Dog people vs Cat people:犬派か猫派か

2月22日は「猫の日」だそうです。2がみっつ並んでニャンニャンニャン。今年は2022年で2がむっつ並びます。「スーパー猫の日」だそうです。200年後が楽しみですね。

ところで。あなたは猫派ですか? 犬派ですか? 私はどちらも好きですが、どちらかと言えば犬派です。昔は実家で柴犬ちゃんを飼っていました。妹はいまもチワワのルナちゃんを飼っています。めちゃくちゃかわいいです。

さて。

英語で犬派は dog people と言います。猫派はもちろん cat people です。

I’m a dog person.
「私は犬派です」

I’m definitely a dog person.
「私は断然、犬派です」

I’m more of a cat person.
「僕はどちらかと言えば猫派だ」

この ~person というフレーズはペット以外にもよく使います。

たとえば、「朝方」と「夜型」。午前中のほうが効率よく仕事がはかどる朝型の人は morning person です。夜型人間は night person です。

ちなみに、英語では朝の到来を告げるヒバリを朝型の象徴、夜行性の代表格であるフクロウは夜型の象徴です。それで朝型の人を morning lark、夜型の人を night owl とも言います。

ほかにもインドア派とアウトドア派(indoor person vs outdoor person)、お魚派とお肉派(fish person vs meat person)など、「どちら派」と言うときは、たいていこの ~person で表すことができます。

ところで、2月22日が猫の日なのは日本だけです。アメリカとかイギリスの猫は英語で鳴くからね。Miaow!

といっても、アメリカの猫の鳴き声は日本人にはニャーって聞こえます。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。