He reports to me:彼は私に報告する?

彼女は僕の上司です。彼は私の部下です。これ、英語で言える? この記事では report という動詞を使って社内の上下関係を表現してみるよ。絶対覚えておきたいビジネス英語です!

「上司」を辞書で引くと boss とか supervisor などの単語が出てきます。「部下」は subordinate です。もちろん、これらの単語を使って「僕の上司だ・私の部下だ」と言うこともできるのですが、boss や supervisor はともかく、subordinate を使うことはあまりないと思います。私自身、通訳の際にこの文脈で subordinate を使った記憶がありません。

実は、「僕の上司・私の部下」は動詞 report を用いて表現できます。必ず report to の形で使います。

基本のカタチは A reports to B です。Aが部下で、Bが上司です。直訳するなら「AはBに報告する」、つまり「AはBに対して報告する立場にある」という意味ですね。

I report to him.
「彼は私の(直属の)上司です(私は彼の部下だ)」

She reports to me.
「彼女は私の(直属の)部下です」

report to だけでも「直属」の関係を表すことはできますが、directly を入れて直属感を強調することもあります。

I report directly to the CEO.
「私はCEOの直属です」

As a regional manager, you’ll be reporting directly to the VP of sales.
「リージョナルマネジャーは営業担当VPの直属になります」

上の例文のように、レポートする相手がCEOやVPの場合、単に上司部下の関係を表すだけでなく、「私はCEO直属だ」と言うことにより、「私はCEOと直接話ができる」とアピールすることもあります。通訳するときなど、ちょっと気をつけたいポイントです。

ちょっとおさらい。

CEOは最高経営責任者(Chief Executive Officer)です。Cの付く役職は他にCOO(Chief Operating Office)、CFO(Chief Financial Officer)、CMO(Chief Marketing Office)などけっこうたくさんあります。比較的新しいものでは会社全体の収益に責任を持つCRO(Chief Revenue Officer)とか、法令順守を担当するCCO(Chief Compliance Officer)、データ分析の全社的な責任者であるCAO(Chief Analytics Officer)のような役職もあります。広告業界では、サイトへのトラフィックや広告在庫の品質向上を担当するCTO(Chief Traffic Officer)なんてのもあるんですよ。

で。Cの付くえらーい人たちを総称して C-suite とか C-level executive(s) と言ったりします。

今回は report を使って上司部下の関係を表現できるんだよ、というお話でした。最後まで読んでくれてありがとう!

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

  1. yukie abe said:

    ↑CEOは(Chief Executive Officer)ですね。

    2022年4月22日
    Reply
    • junko said:

      yukie様

      ご指摘の通りです。早速修正させていただきました。
      こういうご指摘はたいへんありがたいです。
      今後も「?」と思うところがあれば、ぜひご一報くださいませ。
      ありがとうございました!

      2022年4月22日
      Reply

メールアドレスが公開されることはありません。