I’m sold:「売られた」ではないよ!

意味を知らなければ一瞬ぎょっとしますね。でもだいじょうぶ。ヘンな意味はありません。普通に使えるフレーズです。

では早速。

OK, I’m sold.

これで、「いいよ、分かった、納得した」という意味になります。

何かを提案されて、最初は「それだいじょうぶなの?」とか懐疑的に思ったり、あるいは無関心だったりしても、「説得されて納得する」ことってあるでしょう? 納得したときに発するフレーズがこれなのです。

たとえば。

A 案と B 案があります。あなたは A 案がいいかなと考えていたけれど、同僚は B 案推しで、その理由を理路整然と並べます。そしてあなたはこう考える。「なるほどね」そしてこう答えます。

OK, I’m sold.
「分かった、君の案でいいよ」

実は、動詞 sell には「説得する」という意味があります。英英辞書の Cambridge はこう定義しています:

to persuade someone that an idea or plan is a good one and likely to be successful
(人に対して)ある案や計画がとても良いもので、きっと成功するはずだと説得する

また、sell とは別に sold の見出しにはこんな例文がありました。参考までに。

I can’t say I’m sold on the idea.
「悪いけど、その考えにはあんまり乗り気じゃない」

機会があったら使ってみてね。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。