Pay attention!:ちゃんと聞いて!

pay attention は「留意する、注意を払う、気を配る」という意味のフレーズですが、「人の話をちゃんと聞く」というときにも使います。

たとえば。

映画「アナ雪」にもこのフレーズが出てきます。

あるシーンで、クリストフがアナに言います。「ちょっと待て。そいつと、会ったその日に婚約するってのかい?」実は、アナがさしあたって話したいのは婚約相手のことではなく、姉のエルサのことです。そこでアナはクリストフに言います。

Pay attention!
「ほら、ちゃんと聞いて!」

別のことに気をとられず、集中して聞いてよってことですね。

ちなみに。

アナ雪は、どのレベルの英語学習者にとっても、ほんとうに良質な教材です。簡単な単語やフレーズが日常会話でどのように使われるのか、現実に即した用例が豊富に見つかります。時間があったら見てみてね。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。