What are you getting at?:何が言いたいの?

カンタンと思える単語ほど、いろんな意味を持つので使い方が難しいです。その代表格ともいえる get を使った慣用句 get at が今日のトピックです。今回は一文まるごと、そのまま覚えてしまいましょう。

こちらです。

What are you getting at?

これで「何が言いたいの?」という意味になります。

この場合の get at について、Macmillan は次のように説明しています。

USUALLY PROGRESSIVE
to try to suggest something without saying it directly

「通常は進行形で使われる。言いたいことを直接的に言わずに、暗にほのめかす」

何が言いたいの? 言いたいことがあるなら、はっきり言いなさいよ。そういう意味ですので、たいていはちょっとけんか腰で使われます。てゆーか、けっこう攻撃的な表現です。使うときは重々注意して、覚悟を決めて使いましょう。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。