Can you manage?:なんとかなりそう?

「なんとか時間通りに到着できた」「どうにかこうにか要求を満たした」などなど。達成するのにけっこうな努力や技量を必要とするミッションを「なんとかやり遂げる」というとき、英語ではしばしば manage という動詞を使って表現します。

たとえば。

上司のあなたは部下に急な会議資料の作成を命じます。期限は明日朝。もう時間があまりありません。あなたは部下にこう訊ねます。

Can you manage?
「なんとかなりそうか?」

部下のあなたは答えます。

Sure, I’ll manage.
「もちろん、なんとかしますよ」

多くの場合、manage の後に to 不定詞をくっつけて使います。

I managed to get there on time.
「何とか時間通りに到着できた」

They managed to meet our requirements.
「彼らはどうにかこうにかこちらの要求を満たしてくれた」

How do you manage to live on $500 a month?
「いったいどうやったら月500ドルで生活できるんだい?」

とまあこんな感じです。日常会話でとてもよく使うので、ぜひ覚えてね。例文を作ってみるといいですよ。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。