Help yourself:好きに食べてね

Help yourself という表現をご存知ですか? もしかしたら、お友だちのお家にディナーに呼ばれた、みたいなシチュエーションで耳にすることがあるかもしれません。分からないと、ちょっと残念なことになるかも?

ごちそうのならんだテーブルを前にして、ホストあるいはホステスがこう言います。

Please help yourself.

これはいわゆる「召し上がれ」、Enjoy your meal と同じ意味です。自由に好きなだけ食べていいよ、と言っているのです。

「~をどうぞ」ともっと具体的に言いたいときは、前置詞「to」を使って表現します。

たとえば、コーヒーをすすめるときは:

Help yourself to some coffee.
「よかったらコーヒーをどうぞ」

アイスクリームをすすめるときは:

Help yourself to some ice cream.
「アイスクリーム、食べる?」

もうひとつ:

Help yourself to anything in the fridge.
「冷蔵庫の中のものは好きに食べていいよ」

実は、このフレーズは食べ物や飲み物以外のものをすすめるときにも使えます。たとえば、お友だちが「あなたの電話、使ってもいい?」と訊いてきたとします。もしかまわないなら、あなたはこう答えます。

Sure, help yourself.

これで「いいよ、好きに使って」という意味になります。

機会があったら使ってみてね。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。