remember to do / doing:違いは?

remember to doremember doing。remember という動詞は、後に不定詞が続くか、あるいは動名詞が続くかで、意味がまったく異なります。で、どう違うんだっけ?忘れることしばしばですね。この際ですからしっかり覚えちゃってくださいませ!

remember to do something

まず不定詞を伴う場合、これは基本的に「これから(未来に)することを覚えておく」あるいは「これから~するのを忘れない」、「忘れずに~する」という意味です。

I must remember to call my dentist.
忘れずに歯医者に電話をしなきゃ。

Please remember to include your postal code.
郵便番号をお忘れなく。

remember doing something

動名詞を伴う場合は、「(過去に)したことを覚えている」という意味になります。

I remember watching this movie on TV.
この映画はテレビで観た覚えがある。

Do you remember locking the door?
ちゃんと戸締まりしてきたっけ? (施錠したのを覚えていますか?)

さて。

「覚えている」に対する「忘れる」=forgetも、同様の使い方をします。ついでにおさらいしておきましょう。

I forgot to return the book to the library.
図書館に本を返却するのを忘れた。

I forgot returning the book to the library.
図書館に本を返却したことを忘れた。

前者は本を返却し忘れた(本はまだ手元にある)、後者は本を返却したにも関わらずそのことを忘れていた(本は手元にない)、という意味になります。

最後まで読んでくれてありがとう。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。