No-shows

I read a news article discussing the growing “no-show” trend in the restaurant industry. Are you familiar with the term “no-show”?

No shows are customers who make reservations or appointments and then don’t show up for them. No-show diners are bad news for any restaurant owners. The consequences can be dire when they’re in large parties. Some estimates say no-shows and last-minute cancellations cost 200 billion yen annually in lost revenue and wasted food.

The article features a new solution introduced by a credit card company to deal with this age-old problem by using LINE, which is a popular messaging app.

Well. I’m sure technology can help, but so can just a single phone call. After all, no-shows mean no manners. What do you think?

Now. Why don’t you try a quiz? You’ll be given three options. Please listen carefully and choose the one that is TRUE. Ready?

(1) No-show customers don’t show up for their reservations.
(2) No-show customers show up late for their reservations.
(3) No-shows are a new problem caused by technology.

NOTE: The original story was first published in January 2018.

▼ クイズの答え
無断キャンセル

外食産業で no-show が増えているというニュース記事を読みました。no-show って何でしょう。

no-show は予約を取ったのに来ない客のことです。いわゆる無断キャンセルですね。どんな飲食店にとっても無断キャンセルは厄介な問題です。特に団体客の無断キャンセルは甚大な被害を生じかねません。無断もしくは土壇場のキャンセルによる被害額は年間 2000 億円にも上るという試算もあります。

記事では無断キャンセルという古くからある問題に、無料通信アプリの LINE で対処するという新しいソリューションが紹介されていました。クレジットカード会社が提供する新サービスのようです。

もちろん、テクノロジーは問題解決の一助とはなるでしょう。でも、電話1本で済むような気もします。結局のところ、無断キャンセルはマナーの問題ですから。皆さん、どう思います?

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。