エイゴの時間 Posts

ことわざ

ことわざ

低い枝に生る果実のお話をしたら、キツネとぶどうのイソップ寓話を思い出しました。高い枝に実るぶどうをうらめしそうに見やりながら、「あれは酸っぱいぶどうさ」と負け惜しみをいうキツネ。「酸っぱいぶどう」はsour grapes です。これもイディオムとして使われます。

日々の英語

木の低い位置に生っている実は、ちょっと手を伸ばせば、あるいはちょっと背伸びをすれば手が届き、簡単に捥ぐことができます。英語ではしばしば、少ない労力で容易に手に入るモノやヒトを、「低い枝に生る果実」にたとえます。

ビジネス英語

ごくまれにではありますが、通訳中の通訳に話しかけてくるお客様がいらっしゃいます。たとえば、難しい言葉や格言を使っておいて、「いまの、分かる?」みたいな。分かんないかもな。とか思うなら、使わないでくれるとうれしいです。

ことわざ

雨が降っていたけれど、お友だちとお出かけしました。お買い物をして、ご飯を食べて。ああ楽しかった。でもそろそろ帰宅の時間。駅前で別れてそれぞれの家路につきます。じゃあね。またね。別れ際のあいさつの定番です。では、雨の日の「じゃあね」は英語で何という?

日々の英語

外国人観光客の受け入れが解禁になる一方で、日本から海外に出かける人も出てきましたね。旅行といえば travel。でも travel が常に「旅行」であるとは限りません。日本語にするときに「旅行」の二文字を使わないこともあるのです。今回は旅行ではない travel のお話。

日々の英語

外国人観光客の受け入れがついに再開されるようです。ただし、添乗員付きのツアー客限定で、3密回避やマスクの着用など、基本的な感染対策は厳守だとか。添乗員さんたちはたいへんですね。さておさらい。「3密」は英語で何という?

日々の英語

いま、米国は深刻な粉ミルク不足に直面しています。この状況を打開するために、乳幼児用の粉ミルクを欧州から軍用機で緊急輸入しているとのこと。その名も「粉ミルク空輸作戦」、英語では Operation Fly Formula です。

日々の英語

日々の英語