エイゴの時間 Posts

手間暇かけて成果はこれだけ? 誰もが一度ならず経験することです。人生、割に合う合わないだけで生きているわけではないけれど、やっぱり割に合わないことはやりたくないよね。

ことわざ

stagger という動詞を見ると、三島由紀夫の「美徳のよろめき」を思い出します。stagger とは、よろめく、ぐらつく、ふらつく、を意味する動詞です。よろめくのは美徳じゃなくて、人とか動物の身体だけどね。酔っ払ってふらつく感じ。

ビジネス英語

コロナ禍にもやっと出口の光明か、と思いきや。こんどは悪天候のせいで、せっかくのシルバーウィークが台無しです。旅行業界なんて、まさに「レンチを投げ込まれた」気分でしょう。

日々の英語

ビジネス英語

何かを切り分けたときの「一番大きな取り分」を、英語ではしばしば「ライオンの分け前」と表現します。辞書や参考書によっては「不当に大きな取り分」と説明する向きもあります。

日々の英語

日々の英語

昔々、美味しいものを食べると Knock your socks off!と叫ぶ知人がいました。おかげで私は長いこと、このイディオムの意味を「激うま!」だと思っていたんですが、実はこの理解は半分正しくて半分正しくない。なぜでしょう。

日々の英語

日々の英語

夏休みです。新型コロナの再拡大は心配ですが、それでも旅行を再開する人はけっこう多いようです。なかには海外に出かける人も。今日は「スーパーマーケットのレジでお支払い」シーンで使う英語をおさらいしましょう。

日々の英語

そこに到着する。get there の文字通りの解釈です。でも、ここでご紹介する get there の there は「目標(ゴール)」を意味します。つまり、「目標を達成する」、「成功する」と言いたいときにも get there が使えるのです。

日々の英語