I can’t get rid of the hiccups:何が止まらない?

英語の記事を読んでいたら technical hiccups というフレーズが出てきました。「技術的な問題」という意味なのですが、この hiccups、実は出るとなかなか止まらないアレのことなのです。

それは、「しゃっくり」のことです。

hiccup は一時的な、ちょっとした問題のことです。大きな問題が起きたときには hiccup は使いません。しゃっくりにたとえられる程度のマイナーな問題です。

Be prepared for technical hiccups, when using video conferencing.
「ビデオ会議を利用する際は、技術的な問題が起こりうることを想定しておきましょう」

hiccup を「しゃっくり」の意味で使うときは、基本的に複数形(hiccups)にします。

I’ve got the hiccups.
「しゃっくりが止まらない」

get the hiccupsは「しゃっくりが出る」という意味ですが、いまいましゃっくりが出ているときに、「しゃっくりが出ています」とは言わないので、訳文は「しゃっくりが止まらない」にしています。

I can’t get rid of the hiccups.
「しゃっくりが止まらない」

しゃっくりを止めたいけど止まらない。そういうときはこちらの英文を使いましょう。切迫感がでます。

日常生活でとてもよく使う表現です。覚えておくとよいですよ。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。