Could we have separate bills?:会計は別々で

友人たちとレストランで食事をして割り勘にするとき、ウェイターさんとかレジの人に「会計は別々で」とお願いします。英語では何という?

Could we have separate bills?
「会計は別々でお願いできますか?」

日本語とほとんど変わりませんね。ただし!勘定書きを意味する bill が複数形になるので注意してください。それから、ウェイターさんとかウェイトレスさんが勘定書きを持ってくる前にお願いしましょう。

ついでに。

Let’s split the bill.
「割り勘にしよう」

こちらの bill は単数形です。このフレーズを使う場合は、基本的に均等割です。

「おごり」の場合は?

It’s on me!
「私のおごりで!」

Dinner is on me.
「食事は私のおごりで」

Drinks are on me.
「飲み物は僕のおごりで」

では、これは?

It’s on the house.

house はお店のことです。ほかのお客さんに順番とか良い席などを譲ってあげたとき、あるいはほかのお客さんに迷惑をかけられたときなど、お店が飲み物を一杯無料でサービスしてくれたりします。そんなときに使われるフレーズです。「店からです」とか「店のおごりです」という意味です。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。