following the science:サイエンスとエビデンス

今度はオミクロンだそうです。ここ数日、ネットやテレビでは再び「科学的根拠に基づいて」とか「科学的な知見にしたがって」のようなフレーズが盛んに使われています。英語ではどう表現するのでしょう。

いろいろ言い方はありますが、ここでご紹介したいのはこのフレーズです。

following the science

直訳すれば「科学にしたがって」ですね。バイデン米大統領も口癖のように使っているフレーズです。based on the science もよく使われるようです。

余談ですが、オックスフォード英語辞典は2020年のワード・オブ・ジ・イヤー(今年の言葉)をひとつに絞りきれませんでした。代わりに、前例のないほどいろいろなことが起こった年を象徴する言葉として、複数の単語やフレーズを発表しました。

もちろん、このリストにはコロナウイルス関連の言葉やフレーズが数多く含まれています。たとえば、pandemic(感染病の世界的な大流行)、lockdown(都市封鎖)、shelter-in-place(外出禁止令)、face masks(マスク)、key workers(エッセンシャルワーカー)などです。

ここには following the science も含まれていました。そして英紙ガーディアンによると、このフレーズの使用頻度は、2019年に比べて1000%も増えたそうです。

日本語では、この文脈で「エビデンス」という言葉もよく使われますが、英語ではもっぱら「サイエンス」を使います。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。