Go see a doctor:医者に行け

風邪をひいたらどうします? 病院へ行く? うーん、ちょっと違うかも。少なくとも英語の世界では、風邪をひいた程度で病院へは行きません。ではどこへ行く?

英語で病院と言えば hospital ですが、この hospital は大きな手術や入院ができる、かなり大規模な医療施設です。心臓発作とか脳出血とか、あるいは交通事故で大けがを負ったとか、そういう場合は hospital に行きます。というか、運び込まれます。

ちょっと風邪っぽいな。そういうときは「医者へ行く」のです。興味深いことに、英語でも同様に go see a doctor といいます。かかりつけ医など、特定の医者に診てもらうときは go see the doctor ということもあります。

使い方はこんな感じ。

I need to go see a doctor.
「医者に行かなきゃ」

You should go see a doctor.
「医者に診てもらったほうがいいよ」

I’m going to see my doctor this morning.
「午前中はかかりつけの医者に行く」

I went to see the doctor yesterday.
「昨日、医者に行ってきた」

ちなみに、一般開業医のことを英語では general practitioner といいます。心身の調子が良くないときは、病院へ行く前に、まず general practitioner に診てもらいます。自分のかかりつけ医は my doctor です!

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。