put your foot in your mouth:失言

直訳すれば「口の中に足を突っ込む」といういかにもぎこちない言い回しなのですが、これで「うっかり口を滑らせて言ってはいけないことを言い、相手に気まずい思いをさせる」という意味になります。

英英辞典の例文には、「現在の夫をうっかり前の夫の名前で呼び、お互いに気まずい思いをする」とか「お母さま、お若いですねと誉め言葉のつもりで言ったら姉だった」みたいなシチュエーションが紹介されています。

そういうシーンで使うフレーズなのです。

実際に使える例文をいくつか。

I think I put my foot in my mouth.
「私、余計なこと言ったかも」

He constantly puts his foot in his mouth.
「彼は失言が多い」

Every time he speaks, he puts his foot in his mouth.
「口を開けば失言」

そういえばこのフレーズ、トランプさんのニュースの見出しでときどき見かけたね。失言には気をつけよう。

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。