I’m a dog person

In English, the word “person” can be used to express personal characteristics or preferences.

For example, if you love cats, you’re a cat person. If you prefer dogs, you’re a dog person. Personally, I love both cats and dogs, but I think I’m more of a dog person than a cat person.

Let’s say, you’re invited to sushi lunch, but you don’t like sushi. Instead of saying “I don’t like sushi”, you can put it a little more elegantly by saying “Well, I’m not a big sushi person”.

If you’re a morning person, you wake up early, feel more productive and clear-headed during the day. If you work better at night, you’re a night owl.

Now, would you like to try a quiz? You’ll be given three options. So, choose the one that is TRUE. Ready?

Being a dog person means:
(1) You’re like a dog.
(2) You have a dog.
(3) You like dogs.

▼ クイズの答え
愛犬家

英語では person という単語を使って個人の性格や好みを表現することができます。

たとえば、愛猫家なら cat person、愛犬家なら dog person と言います。私の場合、猫も犬も大好きですが、どちらかと言えば dog person かな。

あるいは。お昼にお寿司でも食べない?と誘われたとします。でもあなたはお寿司が好きではない。「お寿司は好きじゃない」と言ってもよいのですが、もうちょっと優雅にお断りするなら I’m not a big sushi person を使ってみましょう。

いわゆる朝型は morning person です。早起きで、日中のほうがより生産性が高く、頭もよく働く人々です。夜型は何と言うかというと、night owl なんて言い方をします。いわゆる宵っ張りですね。

NOTE: The original story was first published in November 2017.

このコンテンツについてコメントする(質問もこちらへ)

メールアドレスが公開されることはありません。